開店祝いに鉢植えを贈ろう

開店祝いに花輪や観葉植物を贈ることが多いですが、鉢植えの花を贈ることもあります。
鉢植えは一般的に根付くという意味を持っており、開店祝いには非常に縁起の良いものとして適しています。
開店祝いに鉢植えは喜ばれますが、病人にお見舞いとして鉢植えを渡すのは絶対してはいけないことです。
開店祝いの鉢植えで多く利用されるのが胡蝶蘭です。
開店祝いとして花輪は非常に喜ばれますが、置くスペースが必要となりますので注意が必要です。
鉢植えはスペースをあまり取らないので、花輪を設置するためのスペースがない時に利用すると良いでしょう。
花輪と鉢植えの大きな違いは、店の外か室内に飾れるかの違いです。
胡蝶蘭はだいたい一万円から五万円など値段に幅があるので、予算に応じて選ぶことが可能です。
胡蝶蘭の場合、普通に生花店で買うことができますが、胡蝶蘭を専門に扱っているお店もあります。
胡蝶蘭やその他鉢植えを贈る場合、メッセージやお祝いの言葉を付けるのを忘れないようにしましょう。
胡蝶蘭は比較的長く持ちますので、開店日後も数日店内に飾ることができるので人気があります。
胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んくる」なので、日本を始め海外でも広く親しまれています。
胡蝶蘭は観葉植物として人気が高いため、品種改良が行われ、現在のギフト用に進化してきました。