開店祝いに花輪を贈る意味

友人や知り合いがお店を始めた時に、開店を祝って贈る花のことを開店祝い花と呼びます。
開店祝いには何を贈ったらいいのか迷いますが、無難なものがお花だと思います。
一般的には花輪が開店祝いに多く見られますが、花束や鉢植えなども贈られることが多いです。
開店祝いで贈られるもので一般的に扱われるのが胡蝶蘭です。
胡蝶蘭の他にも花以外に観葉植物を贈るという場合もあります。
花輪を贈る理由は簡単に目立つからという点が一つ挙げられます。
私たちは花輪を見かけると、どこかが開店したのかと理解するため、花輪は非常に大きな役割を果たします。
お店が開店したばかりの場合、まずお客さんに注目されることが重要となります。
花輪によって注目度が上がるため、店主にとっても花輪は大きな意味を持つのです。
花以外に贈りものとして品物を贈るのも良いことですが、花輪は双方にとって大きな影響力を持っています。
花輪は周りに付いている葉を矢羽と呼び、矢で的を射るイメージで作られています。
花輪を的に例えることで、的に的中させる=成功するとして縁起のいいものとされています。
花輪は昔から日本の文化として開店祝いや出演い、お葬式など様々な場面に使われてきました。