開店祝い贈り物のマナー

開店祝いにも様々なマナーがありますが、相手が喜んでもらえることを一番に考えるようにしましょう。
お店の開店祝いの場合、店主のこだわりを見極め、自分の趣味をおしつける贈りものはいけません。
開店祝いには花輪や観葉植物が一般的に扱われますが、店の雰囲気であったり相手の趣味も考慮しましょう。
開店祝いに灰皿やライター、キャンドルや暖房器具は火事を連想させてしまうため贈らないようにして下さい。
開店祝いに物を贈る場合、赤い品物であったり花も赤いものは火を連想させるので避けましょう。
店の開店祝いには縁起の良いものを贈るべきなので、火を連想させるものは絶対に避けましょう。
開店祝いには現金を贈るのは適していなく、さらに目上の人に贈るのは失礼にあたります。
店が狭く開店祝いをいらないと言われた場合は、友達とお店に伺うなどお店の宣伝を行ってみましょう。
相手側にあまり気を使わせないためにも、商品券であったり、すぐ消費する食べ物などを贈るのも良いです。
開店祝いに家具などを贈ってしまうと、お店の雰囲気に合わせられず相手が迷惑してしまうこともあります。
お店側にとってはお客様が来てくれることが一番嬉しいため、それを考えて贈りものを選びましょう。